高校生向け 記事一覧

高校生の履歴書 自己PR欄の書き方例

更新日:

1431866419177416_mini
さて、今回は高校生のアルバイト応募の履歴書についてです。
特に何を書いていいのかわからず困るのは、「自己PR、自己アピール」の欄ですよね。

社会人経験があれば、以前の仕事のアピールが書けますが、高校生の場合は、大半がバイトデビューのタイミングですから過去の経験は書けません。
そんなときに、何をどう書けば採用されやすくなるのかをまとめました。

<スポンサーリンク>

高校生の自己PR欄の書き方

まず高校生の場合ですと、ほとんどの応募者の方が初めてのアルバイトか、2社目のアルバイトというケースがほとんどです。
何社も経験しているベテランや、貴重な業務経験をしたスキル持ちの応募者はあまりいません。

採用する面接官の方も、当然それを理解しています。

そのため、高校生を募集した時に、「即戦力である事」や「役に立つ業務経験」という自己PRまで求めていない事が大半です。

また、多くの場合、応募する仕事は「未経験OK」や「しっかり教育します」「先輩が教えるので安心」と書かれている仕事を選んでいるかと思います。

そのため、面接官の多くは、入社してすぐに仕事を覚えられる人を採用したいと考えています。
アピールするなら、やはりそこがポイントになるという事ですね。

ここをアピールしよう! 高校生の自己PR

まず採用したくなる高校生は誰かと言われますと、どんな仕事でもある程度の条件は同じです。

つまり。


1.明るい、コミュニケーションに強い
2.やる気や体力がある
3.物覚えがいい、テキパキしている

おおむねこの3つに収まります。

スポンサーリンク

<スポンサーリンク>

明るさ、コミュニケーションでアピールする方法

飲食や販売などの接客業では、特にこれが求められますので積極的にコミュニケーションの良さをアピールしていきましょう。

その際のコツは、単に「明るい性格です」や「話すのが得意です」と書くのではなく、具体的な例をつけて説明すると、さらにわかりやすくなります。

<例>
「私は野球部を3年続けています。大きく声を出す事には自信があります。お店が活気づくような接客をしたいと思います」
「私は柔道部に所属しています。上下関係や礼儀に厳しい部で活動していますので、この経験を活かして一日も早く、お店のスタッフの一員として認めてもらえるように努力したいと思います」
「私は放送部に所属しています。明るい声でハキハキと話すのが得意です。お客様に伝わりやすい接客をしたいと思います」

ポイントとしては、やはり部活が一番話しやすいネタになるかと思います。
あまり長々と書くのではなく、部活で頑張った経験、上下関係に厳しい環境、特技などをアピールしていくのが良いかと思われます。

やる気、体力でアピールする方法

やる気や体力というと、「そんなアピールで良いんだろうか」と思われるかも知れませんが、高校生のアルバイトの場合は、実はかなり有効です。

どうしても未経験の学生を採用する事になりますので、面接官はなるべく、元気でしっかり働ける人を採用したいという想いになります。
そのため、体力ややる気というのは、一つのプラスの材料になります。

このアピールも、やはり具体的な一言がある方が、より読みやすい内容になります。

<例>
「私はサッカーを6年続けています。体力と、一つの事を長く続ける事には自信があります。」
「私は子供のころから本が好きで、子供の頃から書店で働きたいと夢みておりました。ぜひ〇〇書店で自分の夢をかなえたいと思い応募しました」
「私は〇〇部に所属しています。より自分の体を鍛える事の出来るアルバイトをしたいと思い、この仕事に応募しました」

物覚えがいい、テキパキでアピールする方法

アルバイトで採用されやすい人の特徴の一つに、やはり「物覚えが良い」「普段からテキパキとしている」があります。

未経験者の採用となりますと、やはり最初の教育が大変ですので、なるべくそこの手間を減らしたいと、どの会社も考えています。そのため、すぐに仕事を覚えられる人は大変、貴重な人材になります。

また、仕事を覚えた後は、なるべく先輩たちと同じスピード・同じレベルで働いてほしいと上司は思いますので、「テキパキと仕事が出来る」という部分も、強いアピールになります。

具体的な事例が難しい場合は、人からよく言われるというエピソードでも良いかと思われます。

<例>
「私は記憶力には自信があり、よく物覚えが良いと言われます。〇〇の仕事でも、なるべく早く仕事を覚えてお役にたてるよう頑張りたいと思います」
「私はよく先生や先輩から、手際がいいと褒めて頂く事がよくあります。〇〇の仕事でもテキパキと仕事を進めていきたいと思っています」

まとめ

高校生のアルバイトの場合、社会人と違って業務経験のアピールが出来ませんので、自己PRの書き方が難しくなりがちです。
そんな時は、未経験だからこそシンプルに「明るさ」「やる気」「物覚え」といった持ち味をアピールしていきましょう。

<自己PR以外は大丈夫?>
アルバイトの履歴書で重要なのは自己PRだけではありません。志望動機や学歴の正しい書き方、書いてはいけないNGワードなど、ポイントが山ほどあります。
それらを一気にまとめ読みできる記事にまとめました。
 Link → アルバイトの履歴書 書き方ノウハウ[総まとめ]

<スポンサーリンク>

相談コーナー:「良いバイトって、どうやって探せばいいですか?」 →お答えします!

バイト探しで求人を見ていると「いい事が色々書いてるけど、本当なの?」と思う事が多いですよね。ブラックなバイトに当たらない方法は、実はあります。

それは、応募前に「ブラックっぽい」バイトがわかるアプリを使っておく事なんです。

編集部調べ! 「ブラックを見破るバイト探しアプリはこれだ!」

応募前に雰囲気や受かりやすさがわかるバイト探しアプリを、編集部が調べた結果…、ベストアプリはタウンワークでもanでもなく、「バイトル」でした!

<その3つの理由は…>

1.先輩たちの顔や雰囲気を動画で見られるので、「この人たちのノリは無理…」なバイトを避けられる!

2.そのバイトの競争倍率(受かりやすさ)を見れるので、受かりにくいお店が一目でわかります。(応募バロメーターをチェック!)

3.そもそも「これ無理でしょ…」的なバイト(ブラック系)の掲載が少ないので、応募しやすい!

バイト探しで失敗したくない時には、すぐ使っておきたいアプリでした。もちろん無料ですよ。

バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル

バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
無料
posted with アプリーチ

-高校生向け 記事一覧
-,

Copyright© アルバイトの職歴・自己PR 例文集(高校生、主婦パート、フリーター編) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.