主婦向け 記事一覧

主婦のための履歴書の書き方 学歴・職歴編~専業主婦の時期の書き方、派遣、パートの場合など~

更新日:

1435236772192669

さて、今回は主婦の方のための履歴書の書き方をまとめました。
特に悩みやすい「学歴・職歴」欄を中心に解説しています。自己PRや志望動機については、また別の記事で解説していますのでそちらもご覧くださいね。

<スポンサーリンク>

学歴欄の書き方

学歴欄は、高校の卒業から順番に記載していきましょう。

特に、大学では学部や学科の書き忘れがないように注意する所と、「高校」ではなく「高等学校」と書く部分がよく忘れがちになるポイントです。

<書き方例>

学歴・職歴(各別にまとめて書く)
学歴
平成123神奈川県立△△高等学校 普通科 卒業
平成124〇〇大学 □学部 □学科 入学
平成163〇〇大学 □学部 □学科 卒業

職歴欄の書き方

社会人経験がある場合は、次に職歴欄を書きましょう。

この時、一般的には正社員のみを書くべきと言われていますが、それは正社員として転職する場合によく言われているルールです。
実際のところ、アルバイト、パート、派遣で働こうとした時には、例えアルバイト経験であってもしっかり全部書いている方が、相手の印象はアップします。

(何をしていたのかわからない空白期間を書いてしまうよりも、しっかり「この期間はこの仕事をしていました!」とアピールする方が、面接官も興味を持てるという事ですね)

正社員、アルバイト、パート、派遣のそれぞれの書き方はこのようになります。

<正社員の場合>

  職歴
平成164株式会社〇〇自動車 入社
人事部に配属。採用、社員研修に従事
平成2111株式会社〇〇自動車 退職

<アルバイトの場合>

  職歴
平成164株式会社〇〇バーガー 入社(アルバイト)
ハンバーガーの調理、販売に従事
平成2111株式会社〇〇バーガー 退職

<パートの場合>

  職歴
平成164株式会社△△スーパー 入社(パート)
レジ、商品補充、発注業務に従事
平成2111株式会社△△スーパー 退職

<派遣の場合>

  職歴
平成164派遣会社Aに派遣スタッフとして登録
株式会社○○製造に勤務
貿易事務、海外からのメール対応に従事
平成2111株式会社○○製造 派遣契約終了

スポンサーリンク

<スポンサーリンク>

結婚、出産、育児などはどう書くべき?

さて、主婦になって家事や子育てをしていた時期は、どう書いていくのが良いのでしょうか?

気持ち的には、「○年~○年 専業主婦として家事、育児に携わる」と書きたいのですが、実際はそれはNGになります。

職歴欄は、企業に従業員として雇われていた事だけしか書けないというルールがありますので、その部分はどうしても空欄になってしまいます。

専業主婦だった期間をどう書くのがベスト?

専業主婦として家事や子育てにしっかり携わって、ようやく子供が手を離れたので、もう一度働きたいという気持ちを、履歴書でどう書くのかが主婦の履歴書で一番のポイントになりますよね。

この部分は、職歴欄には書けませんが、他の部分には書く事が出来ます。

つまり、自己PRや志望動機の欄に書くという事ですね。

<書き方例>
「専業主婦を6年ほどしておりましたが、子供が手を離れたため、もう一度自分の経験を活かして働きたいと思い応募しました」
「子供が学校に行っている時間に、結婚前に勤めていた○○の経験を活かして働きたいと思い応募しました」

履歴書を書く時にアピールしておきたポイント!

履歴書には、「配偶者の有無」欄がありますが、「子供の有無」欄はありません。

そのため、子供が学校に行っている間だけ働きたいという事情や、あるいは子供を預けているのでフルタイムで働きたいという事情などが、どうしても履歴書だけではわかりにくくなってしまいます。

そのため、自己PRや志望動機欄に、「子供の事、自分の使える時間、なぜ働こうと思ったのか」などをしっかりと書いておく事が大切です。

こうしますと、面接官の方も「この人は、こういう事情で働きたいんだな」とわかりますので、自分の希望と全然違う採用のされ方をしてしまう危険がぐっと下がります。
特に、「扶養の範囲内なのか、扶養を気にせずしっかり稼ぎたいのか」という部分はとても大きな違いになりますから、それが見えるような書き方をしていくとより良いかと思われます。

まとめ

主婦の履歴書で難しいのは、やはり家庭と仕事の関係です。職歴欄にはなかなか書けない内容になりますので、自己PR欄や志望動機欄などをフル活用して、自分の希望や事情をちゃんとお伝えする事で、良い企業との出会いにつながります。

姉妹サイト 「主婦スター」がオープンしました!
働く主婦のための、アルバイト・パートの受かり方や履歴書の書き方などを連載中です。ぜひこちらもご覧くださいね。

Link → 主婦のお仕事発見サイト:主婦スター

<スポンサーリンク>

相談コーナー:「良いバイトって、どうやって探せばいいですか?」 →お答えします!

バイト探しで求人を見ていると「いい事が色々書いてるけど、本当なの?」と思う事が多いですよね。ブラックなバイトに当たらない方法は、実はあります。

それは、応募前に「ブラックっぽい」バイトがわかるアプリを使っておく事なんです。

編集部調べ! 「ブラックを見破るバイト探しアプリはこれだ!」

応募前に雰囲気や受かりやすさがわかるバイト探しアプリを、編集部が調べた結果…、ベストアプリはタウンワークでもanでもなく、「バイトル」でした!

<その3つの理由は…>

1.先輩たちの顔や雰囲気を動画で見られるので、「この人たちのノリは無理…」なバイトを避けられる!

2.そのバイトの競争倍率(受かりやすさ)を見れるので、受かりにくいお店が一目でわかります。(応募バロメーターをチェック!)

3.そもそも「これ無理でしょ…」的なバイト(ブラック系)の掲載が少ないので、応募しやすい!

バイト探しで失敗したくない時には、すぐ使っておきたいアプリでした。もちろん無料ですよ。

バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル

バイト 求人情報 アルバイト探しアプリのバイトル
無料
posted with アプリーチ

-主婦向け 記事一覧
-,

Copyright© アルバイトの職歴・自己PR 例文集(高校生、主婦パート、フリーター編) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.